高齢化社会に重要な仕事|心理学を学べるnlp トレーナーの勉強|知識をつければ活用できる

心理学を学べるnlp トレーナーの勉強|知識をつければ活用できる

高齢化社会に重要な仕事

緑のサプリメント

福祉系の学校で学ぶ

社会福祉士の仕事をするためには国家資格を取得します。日本は今後もさらに高齢化が進むので、介護の現場の求人数は増加する一方です。施設で介護の仕事をするためには資格がなくてもできますが、より幅広い仕事をするなら社会福祉士の資格を持つ必要があります。社会福祉士の資格を取るために気をつけることは、福祉系の4年制大学で勉強するか、短大を出て2年間現場の実務を経験しなければならない点です。例えば新潟県の場合は医療福祉関係の大学があるので、そこへ入学するという方法があります。新潟県は冬になると高齢者住宅は孤立する恐れがあるので、介護福祉への関心が高くなっています。ケアマネなどの国家試験の合格率も全国平均より高く、新潟県は働きがいのある地域だといえます。

医療福祉の相談と指導

社会福祉士の仕事の内容は実際に介護の現場で世話をするよりも、保健医療や福祉に関する様々な相談に乗ってあげることです。それぞれの事情によって必要な助言を与え、生活指導を行うのです。そのためにはコミュニケーション能力が必要で、相手の立場に立って考えてみる態度が要求されます。主な就職先としては介護施設や高齢者施設、障害者施設などの現場です。新潟県をはじめ全国の市町村役場では福祉専門職として求人募集をしています。また各都道府県にある社会福祉協会などに就職することもできます。社会福祉士は様々なフィールドで専門の知識を活かした活動ができるので、福祉行政に興味のある人には適した職業です。近年は在宅サービスのニーズも高いので、社会福祉士の働く場は広がる一方です。